Beach Bum Blog

旅先〜近所で印象に残っている食、呑み、戯れのメモ

湘南(辻堂)でおすすめ スペシャリティハンバーガー

 

辻堂駅南口から徒歩1分、クッカーズグリル

湘南には数多くのアメリカンダイナーやハンバーガーショップが存在します。

その中で個人的にお気に入りの店舗はクッカーズグリルさんです。

昼前から夜までオープンしていて、休日の少し遅めのランチにもぴったりです。

店内の雰囲気

私が行く際はいつも賑わっていて、良いなあと思うのが、一人でカウンター、子連れのグループ、カップル、友人同士など様々な客がそれぞれに楽しんでいる空気があって、とても入りやすいです。

ハンバーガーメニュー(2019年3月)

f:id:beach_bum:20190430111929j:plain

メニュー

写真のハンバーガー単品でオーダーできますし、コールスローとドリンクを+400円で、ドリンクがアルコール類の場合+500円のセットがあります。

チーズバーガーセット

f:id:beach_bum:20190430111937j:plain
f:id:beach_bum:20190430112745j:plain
チーズバーガーとビール

ハンバーガーは言うまでもなく旨く、炭火で焼いている事でパテが炭火の香ばしさをまとって食べだすと止まらなく、つい無言になってしまいます。

横に添えられたコールスローはほのかにガラムマサラ系のスパイス?が効いていて食欲が増しさっぱりしているのにとても美味しいです。

セットで提供されるビールは隅田川ブルーイングで、スッキリした飲み心地、コクのあるハンバーガーにとてもあったペアリングです。

クッカーズグリルの場所

 

2回目のサンセバスチャン 激オススメランチ

2019年7月に再訪した際に店名が変更されていました。

 

コンチャビーチ沿い Biarritz(元Narru)

夜はひしめき合うバルをハシゴと考えてる中で、ランチはどうしよう?と考える方も多いと思います。

もちろん星付きのレストランに予約していくのも良いし、昼から空いているバルでピンチョスをつまむのも良いでしょう。

そんな中、コンチャビーチすぐ近くにあるNarruの地下のレストランのランチは星付きのレストランより抑えられたプライスで、夜のバル巡りに備えて満腹になりすぎない程度に美味しいものを食べたい方は満足すること間違いなしです。

ホテルの地下にあり、1Fのフロントでも予約を受け付けてくれます。

店内の雰囲気

f:id:beach_bum:20190128023010j:plain

Narru店内


ててもカジュアルです。サンセバスチャンは星付きのレストランであっても気取らず行けるのは気楽ですね。

メニューと値段

f:id:beach_bum:20190128023106j:plain

Narruメニュー

スターター、メイン、デザートの三種は選択でき、ドリンクとパンががついて税込35ユーロ/人です。2人でワインを選ぶとボトルで提供されるのもランチ飲みする人達には最高です。

スターター(魚介とイカ墨ソース入りライス)

f:id:beach_bum:20190128023953j:plain
f:id:beach_bum:20190128023959j:plain
魚介とイカ墨ソース入りライス

イカ墨パエリアのような黒いライスが出てくることを予想していたので??と思ったのですが、ライスの下にイカ墨が隠れていました。スターターでライスどうなの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ここでは大正解に思いました。

メイン(イベリコの低温調理)

f:id:beach_bum:20190128024009j:plain

イベリコ豚の低温調理

語る言葉が見当たらない程に美味しかったです。

旧市街にあるボルダベッリのケバブを好きな方は絶対にここも食べてほしい一品でした。

デザート(チーズクリームにバタークランブル)

f:id:beach_bum:20190128025028j:plain

チーズクリームにバタークランブル

とても甘いですが程よいチーズの酸味とバターの風味もあいまってスプーンが止まりませんでした。

食後にコーヒーかエスプレッソを選んでランチ終了です。

Biarritz(元Narru)の場所(グーグルマップ)

 

 

2回目のサンセバスチャン 旧市街このバルのコレ

以前に下記のブログを書きました。

サンセバスチャン(ドノスティア)このバルでこれ 5選 - Beach Bum Blog

再度訪問し新たな個人的にオススメな、このバルのコレを紹介いたします。

LA CEPAの生ハム(2回目サンセバスチャン バル1軒目)

f:id:beach_bum:20190109201909j:plain

生ハム @ LA CEPA

こちら、生ハムコロッケが有名で人気ですが、他店と比べて吊られているハムの原木の密集度が凄い。シンプルにこちらの生ハム旨いです。

写真はHAMONN JABUGOのハーフサイズです。サンセバスチャンのバルは生ハムはどこでも食べられますが、こちらは特にオススメです。

La Cuchara de San Telmoのフォアグラ(2回目サンセバスチャン バル2軒目)

f:id:beach_bum:20190109201946j:plain

フォアグラ@CUCHURA

檀れいさんのバスク探訪番組、サンセバスチャン旧市街のバルで紹介されていたこちらのバルのフォアグラのアップルソース。キッチリと焼き目をつけてソテーされた大きなフォアグラをサッパリしたソースと絡めると至極の味わいです。

私が行った際は、オープンの19:30からとても多くの人で賑わっていました。

ガンダリアスで立食いステーキ(2回目のサンセバスチャン バル3軒目)

キノコのピンチョスやソロミージョが有名で旨いこちらのバル。テーブル席で多くの方々がオーダーしてるステーキが美味しそうで、ソロミージョのクオリティ考えると旨いに決まってると思い、バルスペースでステーキを頼むと、「何キログラム?」との返答。写真のステーキは500gでオーダーしたものです。価格は36ユーロ/kgで写真のサイズで18ユーロ程度です。

サンセバスチャン旧市街のバルの中ではネストールのステーキが有名ですが、こちらも十分にオススメできます。

f:id:beach_bum:20190109201954j:plain

ステーキ@GANDARIAS

バルの地図

 

スペイン オンダリビア 魚介スープで有名な "La Hermandad de Pescadores"へ

 

f:id:beach_bum:20190106190019j:plain
f:id:beach_bum:20190106190029j:plain
f:id:beach_bum:20190106185836j:plain
La Hermandad de Pescadores

La Hermandad de Pescadores (ラ エルマンダド デ ペスカドレス)のオススメ

こちらでは2人でボトルワインの他に、魚介のスープ、蟹グラタン、バカラオのピルピルソースを頂きました。

世界一の魚介スープと呼び声高いこちらの店でのオススメはまず言うまでもなく、そのスープです。一見あっさりしているようですが、しっかりとコクがあり魚介の旨味がぎっしり詰まっています、世界一と呼ばれるに相応しい味わいに感動しました。

蟹グラタンは大きな甲羅に詰まった蟹クリームソースを甲羅がとても大きくて食べきれるかな?と思いましたが、美味しさで声もでなかったです。

3品の中で唯一、店のオススメメニューであるバカラオのピルピルソースは上記2品と比べるととてもあっさりしてて好みは分かれると思いますが、個人的には十分に楽しめました。

こちらの店の付け合せのパンがとても美味しいので食べすぎないように気をつけたほうが良いと思います。あとこちら日本語メニューもあります。

予約せず開店時間の13時に伺いなんとかすぐに席につけましたが、20分くらいたった頃にはすでに満席でしたので、予約して行くべきと思います。

La Hermandad de Pescadoresの場所

サンセバスチャンからバスで30〜40分程度の場所で、昼であれば川を挟んだフランスの景色も対岸から楽しめます。

 

湘南(鵠沼海岸)の隠れているフレンチレストランでのランチ

 

f:id:beach_bum:20181204205517j:plain
f:id:beach_bum:20181204205522j:plain
グジェール&ワイン煮込み

フランポネ

湘南の中の鵠沼海岸近郊だけでも所狭しと有名なフレンチレストランが点在しています。その中で新たにオープンしていたフランポネさんのランチに行ってきました。まず、とても入りやすく清潔感のあるお店です。鵠沼海岸特有の生活の中にあるお店といった印象で、気軽に入れる海外の街角のレストランに行ったような錯覚さえ覚えます。

 ランチの内容

・グジェール (シュー皮+チーズ)

・スープ (温 コンソメ or 冷 ポタージュ)

・肩肉とタンの赤ワイン煮込み

ライ麦パン

・コーヒー

全てが丁寧に調理されていて、1600円でこんなに美味しい食事を堪能できるってなんなのだろうと考えさせられます。

次回は是非ディナーで伺いたく思います。

店の場所

 公式サイト

franponais-french.com

ニューヨークでバレンシアパエリアを食べるなら

パエリアパンのフチに焦げ目がつくようなタイプのバレンシア風パエリヤが好みの方へ、NYにいた頃いくつものスパニッシュを食べ比べた上で通ったマンハッタンの中でオススメのバレンシアパエリアを。

Socarrat 

マンハッタン島の中に現在3店舗構えるお店

私自身はノリータとチェルシーの2店舗しかいったことありませんが、よく行ったのはノリータの店舗です。

こちらはバースタイルのチェルシーと比べ、よりリラックスして食事をいただくことができます。また個人的にチェルシーの店舗は塩味が少し濃く感じることが何度かあっての感想です。

オススメはARROZ NEGROスペイン語でARROZは米、NEGROは黒という意味で、イカ墨のパエリアです。これはスペインでも同様にメニューに書いてあるのでしっかり身についているスペイン語です。

*スペインでは赤ワインの事をNEGROと表記しているのも目にしますね。

平日のランチはすぐに入れていましたが、土日のブランチやディナーに行くには予約してから行くことをオススメいたします。

お店の場所(Nolita店)

オフィシャルホームページ

www.socarratnyc.com